これが中央電設の“日常”です。